看護師の求人情報の探し方

看護師の求人情報の探し方

最近では求人情報を知りたいとき、とりあえずスマホで検索して情報を得る人が多いです。

「看護師 求人」「看護師 転職」で検索してみると、様々な求人情報や転職サイトをみつけることができます。


転職サイトは希望条件を設定して検索できるので、簡単に自分に合っていそうな求人を見つけることができるのです。
ただ、病院名が伏せてあることが多いので、病院の情報を詳しく知りたい場合は、転職サイトに個人情報を登録しなければなりません。
さらに転職サイトによっては、オフィスに出向かなくてはならないので面倒なこともあります。

でも求人情報の探し方は転職サイトだけではないのです。
転職サイトを活用しなくても、求人情報を探すことはできます。
ここでは「知り合いの紹介」「ハローワーク」「看護協会のナースセンター」の3つの方法をご紹介します。



知り合いの紹介

看護学校時代の同級生や先生、他の病院に転職してしまった元同僚などに紹介してもらうこともできます。

看護師不足で困っている病院も多く、「看護師を紹介すれば職員に紹介手当を支給」という病院もあります。

知り合いの紹介は病院の内部事情を詳しく教えてもらえ安心なこともメリットのひとつです。
デメリットは一度紹介してもらうと断りづらく、辞めづらいことです。

知り合いから「少し話だけでも聞いてみたら?」と言われ、実際に話を聞いてみると「何か違うな」と思っても断りづらくなってしまいます。
知り合いからの情報だけなく事前に自分で情報収集をしてから、慎重に検討したほうがよいでしょう。

ハローワーク

インターネットが普及し転職サイトが増える前は、求人情報を探すにはハローワークでした。
ハローワークは失業してから就職先を紹介してもらうというイメージがあります。
しかし働いている人でもハローワークで求人情報を探すことはできます。

また「ハローワークインターネットサービス」を使えばパソコンやスマホから求人情報を検索することもできます。

ただ、ハローワークではたくさんの業種の求人情報があり、医療に特化していないので看護師の求人情報としては物足りないです。
例えば「クリニック」「夜勤なし」という看護師向けの条件で検索することができません。
条件で検索ができないため、自分の希望する病院を探すのにはとても時間がかかってしまいます。
また詳しい情報を知るには、一度ハローワークに行く必要があります。
公的なサービスなので業種別に詳しい情報で求人検索するのは難しいですね。
ハローワークの情報は古いものあり、自分がほしい情報だけではありません。
業種にこだわらずいろいろな情報収集したい人にはいいかもしれません。

看護協会のナースセンター

看護協会が運営する「ナースセンター」が各都道府県にあります。
ナースセンターでは職業紹介や最新の知識・技術を学ぶ研修会、就職相談会などのイベントを看護師のために無料で行っています。
また個人の相談もすることができます。

「eナースセンター」はインターネット上で登録すれば、求人情報だけでなく、研修や相談会などのイベントの情報も検索できます。
注意しなければならないのが、よく似た名前の転職サイトがあるので、どこが運営しているのか確認すると良いでしょう。

看護協会が運営するサイトなのに、地方の市民病院などの求人情報はとても少ないことがデメリットでもあります。


転職サイトで探す?自分でさがす?

「知り合いの紹介」「ハローワーク」「ナースセンター」と3つの方法を紹介しましたが、この他には転職サイトを利用するか自分で探してアプローチするという方法もあります。

転職サイトを利用すれば、簡単に良さそうな求人情報が見つかるかもれません。
自分でよく検討もせず転職サイトに頼ってしまうことが悪いことではありませんが、「自分で探してアプローチするからわかることもある」ということを考えてほしいのです。

↑ PAGE TOP