地域看護専門看護師の役割と重要性

地域看護専門看護師とは?

そのような在宅看護のニーズに対するエキスパートです。
地域や行政と連携し、総合的な看護の役割を担う専門職です。
特に、若者が少ない、過疎化の地域では、訪問看護だけが人々の健康維持の医療になっているため、地域看護専門看護師の存在が大きくなってきました。
地域看護専門看護師は新生児からお年寄りに至るまで、全ての年齢層に対して、高度なノウハウとスキルを提供できるからです。
また患者のニーズに合う予防や健康回復、そしてリハビリに対する看護の具体的な実践ができるという役割があります。

近年、病気やケガで入院し、病院での治療を終えて、退院しても、それで治療は終了とはいえない場合が多くなっています。
なぜなら、患者の中には、後遺症や障害を持ち、病院を退院する場合も多いからです。
そんな時に、患者とその家族は、病院から大きく変化した生活環境へ移ることになり、多大な負担がかかるでしょう。
また、最近は高齢化社会に伴い、病院での在院日数を減らされるようになっています。
したがって、在宅での医療整備に対する必要性が増してきており、地域看護が注目されるようになってきました。
地域看護は、特定の分野における専門看護師の資格の11の分野のうちのひとつになっています。

病棟での勤務に疲れた人にオススメ

地域看護専門看護師は、病棟での勤務に疲れた人にオススメの仕事です。
外を動き回り患者と地域医療を繋ぐ役目だからです。
病棟のように内勤だけで収まる仕事ではなりません。
そのため多様な仕事をこなさなければいけないため、柔軟なスキルが求められます。
誰でもなれるわけではありませんが、従事する人が少ないため、看護師の資格を持っているのであれば歓迎されるはずです。

↑ PAGE TOP