転職に成功するために NO.1  ~転職失敗談から学ぶ~



「失敗は成功のもと」といますが、誰もが転職の失敗は経験したくないですよね。
失敗しないための対策を、考えてみましょう。

給料が高いことで決めてしまいました。実際はどんな看護をしているのか、知ろうとは思わなかった… 結局1年、続きませんでした。

たしかに給与は気になるポイントです。
そのほかの労働条件(勤務時間・休日・休暇など)も、面接時に確認する必要があります。
どこでも働ければいいというわけではありません。
看護に対する病院の考え方が違うと、働き心地は悪くなってしまいます。
まずは「この職場で自分らしく働けるか?」をよく考えてから、労働条件の話し合いをすると良いです。
働き心地が悪く「お金のためだけに働く」という状況では、長続きしませんよ。

公立病院なら安心と思い、何も知らずに転職して、後悔しています。

私立よりも公立。公立の中でも、国立の大学病院がいい。
ただその条件は「病院の外見」でしかありません。
「なぜ転職したいのか」とういことをよく考えて下さい。
転職で最も大切なことは、あなたが転職したい理由の条件を満たす病院を、選ぶことです。
たとえば小児の専門知識やスキルアップを目指し転職したければ、それが一番こだわるポイントになります。
公立か私立かというのは優先順位は下がります。

仕事の内容、労働条件、公立か私立か?など病院選びの基準はたくさんあります。
その中から、「ほんとうに自分にとって大切なもの」を基準にして、優先順位の高い病院から選びましょう。

言ってることと、やってることが違う病院へ転職。「患者様を大切に」と言いながら、患者様を粗末に扱っていることに気付いた。

人はだれでもよく見られたいと思うもの。求人側の病院も同じです。
病院の実態を知らずに転職すると、このような失敗に陥ります。

そこで自分が転職したいと思った病院は、たくさんの情報収集することが大切です。
病院が発信している情報ではなく、そこで働く人たちや、患者さんからも情報を集めましょう。

患者や見舞客として、実際に病院を見に行くのもひとつの手段です。
患者さんの接し方や職員の仕事ぶりなど、病院のありのままの姿を見ることができます。
患者の会話からも、病院への満足度や不満の声も聞くことができるかもしれません。
「情報は足で稼ぐもの」と心得ることが大切です。

求人広告の内容が、実際とちがった。

広告の内容と実情が明らかに違うようでしたら、広告を掲載した出版社に連絡してみましょう。
出版社のカスタマーセンターもありますし、病院への指導も行っています。

ただ、出版社や病院がどこまで責任を取ってくれるかは、わかりません。
転職したい病院が求人広告とちがうかどうか?を見極めなければなりません。
やはり、実際に病院に足を運ぶなど、情報収集することが大切です。

↑ PAGE TOP