企業看護師になりたい時のQ&A

企業で働く看護師に興味があります。どんな感じ?

企業の医務室や健康管理室で働く看護師さんは、産業看護師と呼ばれています。
産業看護師の役割は、社員の健康を守ることです。
最近では、産業看護師という職業が人気を集めていますが、求人数が少ないのが現状です。


どうして人気なの?

多くの企業は土日祝休みで夜勤もないので、病棟勤務とはかなり労働条件が違いますよね?
こういった労働条件の良さが、体力的に楽ですし人気の理由のひとつになっています。



産業看護師の転職は難しい?

はい。正直むずかしいです。
産業看護師の求人は、突発的な求人が多いためタイミングが重要になってきます。



産業看護師に転職するには、どうしたらいい?

産業看護師の求人はいつ出るかわからないので、常に求人情報をチェックしておきましょう。
ただ、産業看護師の求人は「非公開求人」になっていることがあるため、転職サイトに登録するとよいです。
転職サイトに求人が出た時に連絡してもらうこともできるため、転職サイトを利用することが、産業看護師への転職の一番の近道といえます。



どんな仕事内容?

ケガの応急処置、社員の健康を守るための健康診断、健康診断結果のデータ管理、健康管理の相談です。
心の健康管理も重要視されていて、メンタルヘルスケア、うつ病の予防などの対策も行います。
また、厚生労働省による特定保健指導が始まったこともあり、メタボリックシンドローム対策として生活習慣病予防の相談や保健指導などの仕事もあります。



仕事で大変なことはなに?

健康診断の時は忙しいことです。
一緒に働く看護師さんが少ないので、看護師が一人体制の企業もあります。
また、産業看護師としての採用が初めてという企業や、産業看護師としての業務が確立されていない(マニュアル化されていない)企業もあります。
そういった企業では、自分自身で働きながら、確立していかなければならないので大変です。
ただ、日々の仕事の中で、自ら学んでいくという楽しさもあります。



勤務時間、休みは?

多くの企業の勤務時間は、9時~17時、18時までです。
残業は少なく、もちろん夜勤もありません。(工場勤務は、夜勤があることも。)
休みは週休2日で土日祝休みが多いです。
産業看護師を雇用しているのは大企業が多いため、大型連休(GW・お盆・年末年始)がある企業もあります。



お給料は?

企業の規模や業績によって大きく変わってきますが、病棟看護師と比べるとやや低い傾向にあります。



産業看護師になるには資格っているの?

基本的には、看護師の資格があれば大丈夫ですよ。
ただ、産業カウンセラー、衛生管理者免許、保健師免許などあることが転職に有利になります。



どうして産業カウンセラー、衛生管理者免許、保健師免許の資格があると有利なの?

・産業カウンセラー
ストレス社会の現在、仕事上のストレスから病気になってしまう人が増えています。
うつ病の予防など、メンタルケアが重要になっているからです。

・衛生管理者免許、保健師免許
労働安全衛生法で、業種によって50人以上の企業では、衛生管理者を1人以上選任しなければならないと定められているからです。(保健師の資格には第1種衛生管理者の資格が含まれています。)
ただ、第1種衛生管理者取得の産業医がいる企業も多いので、必ずしもこの資格が有利になるとは限らないのです。

企業が看護師に何を求めているかによって、採用条件は変わってきます。
実際の求人は、看護師か保健師、産業カウンセラーの資格が必要とういう条件もあります。
保健師や産業カウンセラーの資格があることで、転職先の幅が広がることは間違いありません。



スキルアップってできるの?

はい。もちろんできます。
産業看護師として、極めたいなら産業看護師という資格取得を目指すことができますよ。
すでに産業看護師として働いている人のスキルアップのための資格です。



産業看護師の魅力ってなに?

OLさんと同じように働けることが魅力のひとつです。
病棟で勤務する看護師さんは、職場での出会いが少ないと聞きますが、一般企業では「男性との出会うチャンス」があります!

そして一番の魅力は、土日祝休み・残業なし・ボーナス有・夜勤なしという労働条件の良さです。
病棟勤務の看護師さんは、不規則な勤務体系は仕方ないとあきらめてしまっているかたが多いと思いますが、産業看護師さんは定期的な休みや大型連休などがあるので、プライベートも充実させることができますよ。

↑ PAGE TOP